レイク解約のまとめ

レイクの解約方法

 

レイク解約のまとめ

 

レイクを利用しなくなった方で解約するのを忘れてる方はいませんか?

 

レイクでお金を借りる契約をして、
すべて返し終わった場合「完済」となります。

 

レイクの契約期間は5年間になっていますが、
5年経過で契約が切れるわけではなく、
自動更新されるシステムになっています。

 

借り入れたお金を全て完済しても自動的に解約になるわけではないということです。

 

自動更新されても費用はかかりませんし、
カードを使用しなければ金利も発生しませんのでご安心ください。

 

 

  解約手続き

 

 

レイク解約のまとめフリーダイヤル0120-09-09-24

 

解約できるのは完済している方に限ります。

電話をしたら、解約したい旨を伝えて下さい。

解約理由を聞かれることがありますが、「カードを使う必要がなくなった」などと伝えることができます。

 

レイク解約のまとめ

本人確認

会員番号、名前、生年月日、住所etc..

解約完了

 

解約手続き自体はすごく簡単に終わります。
解約後、契約書の返却があります。

 

返却方法

  1. 店頭窓口に取りに行
  2. 自宅に郵送
  3. レイク側で破棄

 

一番無難で楽な手段はレイク側で破棄してもらうことでしょう。
解約証明書も希望があれば発行してもらうことができます。その受け取りは店頭窓口に取りに行くか郵送になります。

 

最後の返済をお札対応のATMでした場合、小銭の金額に対して余分に入金しなければなりません。
例えば、10,500円の場合11,000の入金が求められます。
この余分な入金は解約時に返金依頼をすれば応じてくれるようなので、電話連絡した際に相談しましょう。

 

解約する前に考慮しておくべきメリットとデメリットが

 

メリット

 

解約することによって信用情報機関に「レイクと契約中」という情報がなくなります。
この情報が残ったままだと、住宅ローン等のローンを組む時の審査に悪影響があります。
ローンを組む予定がなくても現在レイクを利用していないなら解約して信用情報をきれいにすることは良いことだと思います。

 

デメリット

 

一度解約すると、再度利用したい時に申し込みをしなおし、審査を受けなければいけません。
しかも、以前利用していたとしても必ず審査に通るとは限らないのです。
解約時にその点をオペレーターに指摘され、カードを保持することを勧められることがあります。
またレイク側からすると、以前利用していたがすぐに解約する人、つまり無駄なコストが発生する人と判断され、審査で落とされてしまうという事もあるようです。

 

これ以上キャッシングはしたくないと一度でも思った方やキャッシングの誘惑に負けてしまう方は、固い意志を持って断るようにしましょう。

 

借り入れ、返済は計画的に行いましょう。

 

そのほかのおすすめのキャッシング会社はこちら!!! →ライフティ